包茎手術の痛みの忍耐

2019年6月21日

手術後は鎮痛剤を使用して痛みを軽減

仮性包茎や真性包茎の包茎手術に痛みがあるのではないか、忍耐が必要ではないかと不安に思っている人も多いことでしょうが、そこまで心配をするレベルのものではありません。
手術自体は麻酔を効かせて行うものですから痛みを感じることはなく、多少何かをしていることが感じ取れるぐらいのレベルでしかないので、気にするほどのことではないのです。
問題は包茎手術後のことで、麻酔が切れてくると痛みも強く感じるようになりますから、これは個人差があるだけにどの程度かははっきり言えるものではありません。
しかし、それでも鎮痛剤を処方されますからそれさえ飲んでいれば忍耐が必要なほど痛いということにはならないので、やはりそこまで心配をする必要はないでしょう。
包茎手術の影響よりも、包茎が治ったことによってもたらされる刺激の方が最初は我慢する必要がある可能性が高く、亀頭が露出をすることによって、今まで受けなかった刺激を受けるようになってしまいます。
人によっては最初の頃はこの刺激がきつく感じられ忍耐が必要なケースはあるかも知れません。
それもあくまでも慣れによって解消をされるので、包茎手術による痛みはそこまで深刻に考える必要はなく、忍耐が必要なレベルではないと抑えておきましょう。