包茎手術のクリニック評価!比較ランキング

包茎手術の痛みへの対策

包茎手術の痛み

技術力の高いクリニックは手術中の痛みはない
仮性包茎や真性包茎の包茎手術は、男性の陰茎に直接メスを入れることになるので、体中のどこよりも恐怖心を感じやすい場所と言えるかもしれません。
包茎手術を受けてみたいけれども、手術時に痛いのではないかと怖くてなかなか踏み切れないという人も多いですよね。
包茎手術の痛さを感じるかどうかについては、手術の際の麻酔にかかっているといえるでしょう。
日本の麻酔の技術は非常にレベルが高いことから、実際には手術中に大きな痛みを感じることはありません。
包茎手術には麻酔が必ず利用されます。麻酔の方法は、完全に無痛手術を行う場合に採用されるのが皮膚麻酔から始めるものです。
最初に皮膚表面を麻痺させる薬を麻酔をする場所に塗って、本番の麻酔薬の注射の際に痛みが出てこないように対策をします。
また皮膚を麻痺させることなく、そのまま麻酔を打つ方法もあります。
ペニスは痛みを感じやすい部分なので、麻酔を打つ時にかなりの痛みを感じてしまう人もいるかもしれません。
恐怖感が強いのであれば、事前に担当医に話をしたうえで、皮膚表面を麻痺させるものから初めてもらうとよいでしょう。
またあまりにも恐怖感を感じてしまうのであれば、弱めではありますが全身麻酔が行われることもあります。
かなり怖いと思っているのであれば、こちらを利用するのもよいかもしれませんね。

コメント