包茎手術のクリニック評価!比較ランキング

包茎手術の失敗例【術後や高額請求など費用関連で後悔】

包茎手術の費用

包茎手術は男の大事な部分への治療なので絶対に失敗や後悔はしたくないものです。しかし調べてみると多くの失敗談が出てきます。
多くは手術、治療に対してではなく費用関連ですが、国民生活センターや弁護士相談関連サイトにも多くの相談が寄せられています。
それら包茎に関する失敗例をまとめます。治療を考えてる人は同様のケースにならないよう注意してください。

包茎の手術の治療・施術の術後に関する失敗例

包茎の手術の治療・施術の術後に関する失敗例
調べたところ、包茎の手術や治療自体は難易度が高いものではないためか、そこまで重大な失敗は多くありません。昔と比べると医者や器具、手法などの医療技術も進んでることもあるでしょう。
しかし包茎手術は広告が多い通り「お金になる」ようで、技術や経験的に不慣れな医師・クリニックによる治療も存在するため施術後の失敗例もあります。

ツートンカラー、傷跡が目立ち自然な仕上りではない

ツートンカラー、傷跡が目立ち自然な仕上りではない
失敗として多い症状がツートンカラーになってしまうことです。人の肌質にもよりますが亀頭と竿部分の色の差がはっきりしてしまい見た目、仕上りが不自然な状態で、包茎手術をしたことがバレてしまいます
傷跡に関しても同様です。縫い目や凸凹、盛り上がりなどが目立って自然な仕上りではなくなる場合があります。

包茎手術は通常切除部分のデザインから切除、縫合という過程で行われますが、医師の経験や技術、術式によって見た目の仕上りに違いが出るので、経験豊富な医師・クリニックを選ぶことが重要となります。

性感帯が損なわれ遅漏や不感症に

亀頭直下の裏筋部分には性感帯が集中している部分があり、術式による切除や経験不足により傷つけてしまうと性感の低下による不感、遅漏となる場合があります。
性感帯を残す最先端の術式を選び、経験豊富な医師・クリニックを選ぶことが重要となります。

包皮の切り過ぎ、切り不足

包皮の切り過ぎは痛みを伴ったり、勃起時に突っ張ったような違和感があります。逆に切る部分が少ないと皮が元に戻り亀頭が隠れてしまい、やり直しやもっと大変な手術となる場合があります。
事前に精密な切除部分のデザインを行っていれば殆どありえませんが、医師・クリニックに技術や経験不足により起こる失敗でしょう。

失敗による修正

上記の失敗により修正するとなると更に費用がかかるケースがあります。失敗したから他院で治療するのは可能ですが、修正は難易度も高くなるため費用が大きくかかります。
再治療が絶対に無料で、経験豊富な医師・クリニックを選ぶことが重要です。

包茎手術の費用に関する失敗例

包茎手術の費用に関する失敗例

包茎手術の失敗において一番多いのが費用に関するトラブルです。昔からネットでも包茎への関心度は高く需要があります。広告も多く出ており、お金を目的とするクリニックが増えトラブルが多いようです。
その失敗例の多くは「広告に書いてある費用よりかなり多額に請求された」というものです。具体例をまとめます。

  • ネットの広告に5万円と書かれていたが、カウンセリング時に仕上りがキレイになる美容形成をすすめられた。1度きりのこと、後悔するなどと言われオプションを付けると高額となり約150万近くになった。
  • 当日の相談時にカウンセラーに不安を煽ることやあれもこれもやった方がいいと次々に言われ、結局包茎治療だけでなく増大術などもすることに。合計200万円以上の高額となった。
  • 公式ページや広告から費用はかかっても10万円程度と思ってたのですが、カウンセリング時にシリコン投入での陰茎増大や使用する糸も言われるがまま。100万を超え医療ローンを組むと200万近くになった。
  • カウンセリング時に色々断っても次々に営業スタイルですすめてくるので全て断るのは難しい。安い術式だとキレイに仕上がらないなど煽られると断れなくなる。
  • 短小や早漏であることのリスクも指摘された。また断り続けていると本日であればこの割引でできるなど判断を鈍らしてきます。

まとめると

  • 広告や公式ページで安い費用だから無料のカウンセリングを受ける
  • このままでまずいような不安を煽られる。
  • 言われるがままオプションを付け高額となる。
  • 医療ローンを組まされると更に高額に。

というケースが殆どです。勘違いしてはいけないのは、流石に確認なしで後から勝手に請求されたというような悪質なトラブルはありません。あくまで自身で承諾はしています。

大手クリニックを選べばいいわけではない!包茎手術で失敗しないためには

大手クリニックを選べばいいわけではない!包茎手術で失敗しないためには

上記のトラブルを踏まえると、包茎手術を考えてる人はまず失敗しないために

  • 必要ない包茎以外の治療は受けない、断る勇気
  • カウンセリング当日の治療は避ける。一旦家でよく考える。
  • 殆どのクリニックがカウンセリング無料なので複数受けてから考える。
  • ローンは組まない

などの対策が必要不可欠です。

包茎手術の失敗に関する調査を行う中で、施術や費用などのトラブルは大手クリニックでも起きています。
大手だから、実績があるからという理由でクリニックを選んでも失敗する可能性は高いです。

また医師やクリニックの信用性が問題となってくるので、当サイトの評価項目でもある
「HPなどに医師の経歴だけでなく顔写真ものっているか」も選ぶポイントとして非常に重要です。

コメント