包茎手術後の痛みはいつまで続くのか?

2019年7月22日

仮性包茎や真性包茎だとペニスが不潔な状態になりやすく、そのことが原因で臭いがしたり、刺激に弱いので早漏になって性交渉が充分に楽しめなくなったりします。しかし包茎手術を受けて治療するとなるとどのぐらい痛みが続くのか心配で躊躇してしまう人も少なくありません。

包茎は不潔・早漏・自信喪失につながる

傷跡・痛みには個人差がある

仮性包茎や真性包茎の包茎手術を受けたことによって残る傷跡や痛みは、人によって個人差があります。ただし、共通して言えることは包茎手術を受けている最中は麻酔が効いているので、ほとんど痛みを感じることがありません。万が一痛みを感じることがあった場合は麻酔を追加して打つことになるので痛くはない訳です。

問題は麻酔が切れてきてからと言うことになりますが、これは個人差だけではなく仮性包茎や真性包茎の包茎手術を終えてからの包帯の巻き方も大きな影響を与えます。包帯をきつく巻き過ぎたり、逆に緩過ぎたりすると痛みが長引いてしまうことがあるのです。ですので、仮性包茎や真性包茎の包茎手術は実績を充分に積んだ包茎専門の形成外科クリニックで受けることが重要であると言えます。実績を充分に積んでいる整形外科クリニックであれば、程良い包帯の巻き加減を充分に把握しているので痛みが長引く可能性が低いです。

包茎手術を受けた後には、痛み止めの内服薬が処方されるのが一般的ですが、実績が豊富な包茎専門の整形外科クリニックであれば痛み止めを服用する必要がまったくないという患者も少なくありません。仮性包茎や真性包茎を改善した後に痛む場合でも処方された用量の範囲で治まります。

傷跡に関しても残り方は個人差だけではなく、仮性包茎や真性包茎の手術を受ける医療機関の実績に大きな影響を受けることになるのです。実績が豊富な包茎専門の整形外科クリニックであれば、いかに傷跡を残さないようにするかについてのノウハウを蓄積していますので、傷跡はほとんど残りません。

痛み止めが処方されるが使わない人も多い

失敗しない重要ポイントで評価!包茎治療クリニック総合ランキング

【第1位】メンズサポートクリニック

評価ポイント
施術・治療費 Webサイトに載っている通りの金額提示だった。また、分かりやすい料金プランで良心的。
糸の種類 ナイロン糸・吸収糸が選べて追加料金も無く、糸の違いついても詳細に説明してくれた。理解した上で選択できるので安心感がある。
AGAや脱毛等を行っているかどうか AGA治療・脱毛共に行っていて、ここに来るだけで全て出来るというのは魅力的。
医師の顔が出ているかどうか Webサイトに医師本人の顔と経歴が出ており、診察も医師が出てきた。信頼できるクリニックと言える。
営業のしつこさ しつこい営業は無く、要望を細かく聞いてくれて、必要な治療だけを提案してくれた。非常に満足感が高い。
おすすめのポイント!
  • 5段階の最先端無痛麻酔で痛くない!
  • 一人一人に合ったオーダーメイド
  • 経験豊富な専門医による最新技術でキレイな仕上り!

メンズサポートクリニックは10の安心・安全として上記の他に、24時間相談無料、完全個室や男性スタッフのみのプライバシー考慮、カウンセリングや術後のアフターケア、再診を無料、明瞭安価な治療費用などサポート面も充実しています。技術力や仮性包茎や真性包茎の手術実績に加え、他のクリニックのポイントも抑えてあるので1番におすすめできます。新宿横浜に展開しており夜20時まで営業しています。

痛みの軽減には術後のケアが肝心

実績が豊富な包茎専門の形成外科クリニックで、仮性包茎や真性包茎の手術を受ければ麻酔が切れた後も、ほとんど痛むことはありません。とはいっても、普段と全く同じような生活を送りペニスに全くケアを行わないようであれば、また痛み出してきてしまったり、最悪の場合は傷口が開いて、もう一度手術を受けなければならなくなってしまう可能性もあります。そのためにも仮性包茎や真性包茎の術後はケアが非常に重要と言うことになるのです。

アルコール・入浴は包帯がとれるまで避ける

仮性包茎や真性包茎を解消した術後は包帯を、およそ1週間ぐらい巻いておくのが一般的となります。術後管理表というものが包茎手術を受けた後に手渡されますが、そこには術後にどのようなケアをすれば良いのかが細かく記載されている場合が多いです。バスタブに浸かってお風呂に入ると体温が上昇し血液の流れが速くなり出血する可能性が高まるので包帯がとれるまでは避ける必要があります。同じ理由で、お酒を飲む行為も体温を上昇するので包帯がとれるまで控えることが必要です。

包帯が濡れないようにビニール袋などで覆ってあげればシャワーで身体を洗うことが出来ます。仮性包茎や真性包茎の術後、およそ1週間ぐらいが経過したらもう一度クリニックに出向いて経過を観察してから問題がなければ抜糸という形になります。そうすれば、バスタブに浸かってお風呂に入ることも出来ますし、飲み過ぎない範囲でお酒を飲むことも可能です。近頃は自然にとける糸を使って縫合を行い、抜糸のために2度目の来院をする必要がない方式の手術も登場してきているので、新宿や横浜など都心以外の遠方の方でも気軽に受けられます。

術後のケアで痛みは大幅に軽減できる

抜糸までは禁欲が必要

包茎手術で縫合した糸を抜糸するまでは、もちろん性交渉やマスターベーションは禁止です。仮性包茎や真性包茎を解消した嬉しさや興味本位などから行為に至る人もいますが、ペニスに非常に強い刺激を与えてしまうので痛みを伴い出血するのはもちろんのこと、傷口から雑菌が入り込んで重篤な感染症を発症してしまう可能性もあります。

そうなってしまえば、せっかく仮性包茎や真性包茎を解消したにもかかわらず入院生活を余儀なくされるだけではなく、本来であればおよそ1週間ぐらい禁欲すれば良いところを数ヶ月に亘って性交渉やマスターベーションが出来ない生活を送ることになってしまうのです。そして綺麗に仕上がるはずだった傷跡も炎症を引き起こしてしまい、性交渉やマスターベーションによる腫れが治まってからも傷口が目立つようになってしまう可能性があります。

縫合した糸を抜糸するまでは禁欲生活

いずれにしても、抜糸するまで性交渉やマスターベーションを我慢出来ないと包茎手術のデメリットばかりを受けることになってしまうのです。仮性包茎や真性包茎を解消した後は特に性欲がやって来るものですが、そこは1度冷静になり、ぐっと堪えることが重要になります。

抜糸してしまえば禁欲生活から解放されるので、それまではペニスに刺激を与えないことを第一に考えて行動することが必要です。とは言っても抜糸した直後のペニスは結構敏感な状態になっているので、抜糸してからも様子を見ながら少しずつ刺激を与えていくようにする必要があります。とける糸で包茎手術を受けていて禁欲を解禁するタイミングが分からないという場合は、仮性包茎や真性包茎の包茎手術を受けた病院に問い合わせるのが良い方法です。

包茎手術後の傷跡・痛みには個人差がある

包茎を手術で治療する場合も多いですが、手術は痛くないだろうかと不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。他の手術と同じく、包茎手術も痛みを伴うので麻酔を使って行われます。それにはいくつか種類があり、患者の年齢や要望などケースバイケースで使用されているようです。どんな種類の麻酔が利用されるのか気になるところですが、手術の方法や薬の副作用はないのか、術後痛みが続いた場合の対処法などと併せてご紹介します。

包茎の手術に麻酔は必要

包茎には真性と嵌頓という2種類がありますが、いずれも放って置くと亀頭包皮炎や尿路感染症といった症状を引き起こすリスクが高まります。亀頭が痛くて尿を出しづらくなれば、尿毒素が体に溜まって腎臓障害に陥る可能性も出てきます。こうした包茎の治療には、ステロイド軟膏などを使った薬物治療が行われますが、効果がなければ手術に踏み切ります。

手術は包皮をメスで切ったり縫合したりするので、麻酔の使用は不可欠になります。暴れたり怖がったりすることを想定して、子供の手術には通常全身麻酔が使われます。薬の投与はマスクから吸引させる方法が多く、子供が嫌がらないように、香りがついていることもあります。この場合の手術には、1~2日ほど入院が必要になります。大人の場合は外来手術が可能なので、局所麻酔で行われる手術がほとんどです。手術は亀頭を包んでいる包皮を切り取る方法(環状切除術)と、狭くなった包皮の先端を切開して亀頭を出しやすくする方法があります。手術に必要な時間は30分~1時間ほどで、抜歯は人工的にはせず、自然に取れるのを待ちます。

手術に使う麻酔の種類

局所麻酔は局所に薬を使って部分的に無感覚にさせるので、痛みを感じること無く手術を受けることができます。局所麻酔にはいくつか種類があります。一般に行われているのが注射器を使った方法で、包茎手術の場合ペニスの根本に打ちます。この時痛みがあるかもしれませんが、歯茎に注射する時のチクッとした感覚に似ていると言われています。薬が皮下組織に入っていくときも痛みを感じやすくなります。上手な人が注射をすれば痛みは殆どありませんが、不慣れな人が行う場合、痛みを伴うこともあります。それを避けたいという場合は、表面麻酔を行ってから注射をする方法が採られます。表面麻酔はスプレーまたはシールという2つの方法がありますが、注射を打つ前に施すことで皮膚の表面は痛さを感じなくなり、注射を打たれても殆ど痛みを感じることはありません。

それでも不安を覚える人には、局所ではなく全身麻酔が施されます。主な方法はマスク麻酔と静脈麻酔で、前者はマスクから薬を吸引し、後者は点滴で静脈に薬を入れて眠らせるという方法です。局所にしても全身にしても薬はすぐに効くので、すぐ手術に移行します。

麻酔の副作用や注意点

麻酔には薬を使うので、副作用が出ることもあります。主な副作用には薬に対するアレルギー反応や血圧低下、痙攣などで、注射を打った後、皮下出血を起こす場合もあります。この中でも厄介なのがアレルギー反応で、麻酔を受けた後気分が悪くなったり、動悸が止まらないと言った症状が出てきます。ごく稀にアナフィラキシーショックを引き起こすことも指摘されていて、その場合は命にかかわってくるので注意が必要です。

薬の副作用の原因は精神的なものが大きく影響していると言われていますが、極度に不安になったり緊張すると、めまいや血圧低下、心拍数の低下といった血管迷走神経反射が起きます。この場合は休息するなどして自然に症状が収まるのを待ち、特別なことはしません。この他に、麻酔に添加されたアドレナリンも副作用に関係しているのではないかと言われています。これらの症状はアレルギー反応と症状は似ていても原因が違いますので、麻酔アレルギーかどうか気になる場合は事前に検査し、使用の際は麻酔技師や医師に相談すると言いでしょう。

術後に痛みが続いたときの対処法

成人の場合、術後は必ずと行っていいほど陰茎部分が腫れ、それが2~3週間ほど続きます。痛みの程度には個人差がありますが、用を足す時だけ痛んだり、腫れが引かずに痛みを伴っているということが多いようです。その場合は、医師から処方された痛み止めなどを服用して対処します。

自然にしておけば痛みはやがて和らいでいきますが、手術による合併症を引き起こすこともあり、その場合は何かしらの医療的処置が必要になってきます。主な合併症は内出血や皮下出血、また皮膚の下に固まった血液が黒くなってしまうことなどです。皮を切りすぎたことで、おしっこをしたり勃起時に痛みを伴ったり、包皮の形がいびつになったというケースもあります。こうした症状が出たら、医師に相談することをおすすめします。術後に出血することもありますが、その場合は再手術となります。術後の過ごし方については医師からいろいろとアドバイスが出ると思いますが、不要な痛みを予防するため、遵守するようにしましょう。通常言われることは、入浴に気をつけることや激しい運動を避けることなどです。

まとめ

包茎手術を受けたことによる痛みは個人差がありますが、手術を受けている最中は麻酔で痛みはありませんし、麻酔が切れた後も実績が豊富なクリニックであれば痛み止めを服用しなくても大丈夫な人も多いです。ですので仮性包茎や真性包茎でお悩みの方は、まずは信頼できるクリニックを見つければ痛みを心配する必要はないでしょう。実績豊富なクリニックが多い新宿や横浜で探すのおすすめします。

信頼できるクリニック選びが重要

包茎手術の痛みはいつがピーク?

仮性包茎や真性包茎の包茎手術を受けようとしている人の多くが心配することとして、痛みが挙げられます。 これから手 […]

コメントなし

包茎手術の痛みの忍耐

仮性包茎や真性包茎の包茎手術に痛みがあるのではないか、忍耐が必要ではないかと不安に思っている人も多いことでしょ […]

コメントなし

包茎手術の痛みへの対策

仮性包茎や真性包茎の包茎手術は、男性の陰茎に直接メスを入れることになるので、体中のどこよりも恐怖心を感じやすい […]

コメントなし

包茎手術の痛みに耐える期間

包茎には仮性包茎や真性包茎がありますが、ペニスの表皮をむくことができず、亀頭が露出しない状態のことです。 包茎 […]

コメントなし
術後1ヶ月くらいは勃起に注意

包茎手術後の勃起の痛み…

仮性包茎や真性包茎の包茎手術を受けたとしても、特に陰茎の状態は基本的に変わることはありません。 比較的簡単な手 […]

コメントなし

Posted by masterad_comcha