包茎手術の痛みはいつがピーク?

包茎手術を受けようとしている人の多くが心配することとして、痛みが挙げられます。
これから手術を受けようと思っているのであれば、いつ痛みがピークに達して、どれほどの痛さなのかを知っておくことによって、精神的な心の準備もできることでしょう。
そもそも包茎手術を受ける際には必ず麻酔を使用することになります。
麻酔を打つ方法は2種類あり、まず一つ目に皮膚の表面に麻痺させる薬を塗ってから麻酔を打つ方法と、麻痺させることなく直接注射器で麻酔を打つ方法です。
後者の場合には注射をする際に痛みを感じることになるでしょう。
手術中は麻酔が効いていることから、特に痛さを感じることはありません。
ピークが訪れるのは、手術後に麻酔が切れ始めるころと言えます。
約1時間ぐらいすると少しずつ麻酔が切れていきます。
個人差があるので一概には言えませんが、早い場合には1時間、遅いと3時間から4時間ほどと考えておくとよいでしょう。
多くの場合激しいものではなく、ジンジンとするような鈍痛を感じる人が多く見られます。
鎮痛剤を処方されることがほとんどなので、心配な場合には鎮痛剤を服用すればほぼ痛みは感じないので、心配な人でも安心ですね。
しかし手術を受けた患者さんの半分は鎮痛剤を全く使用しないということなので、耐えられないわけではないことがわかります。